Google Analyticsで管理者除外設定する方法

目安時間:約 4分

 

この記事を読むと分かること

Google Analyticsで管理者のアクセスを除外する方法が分かります

IPアドレスのチェック方法が分かります

管理者アクセスを除外しておくことのメリットが分かります

IPアドレスをチェック

 

管理者除外設定をするにあたって、IPアドレスが必要になります

まずは自身のIPアドレスをチェックしておきましょう

 

以下のリンクから確認できますので、クリックして確認しておきましょう

 

 

 

Google Analyticsの管理者除外設定

 

それでは管理者除外設定を始めていきます

 

  • ①Google Analyticsの管理画面を開く

別のページが表示されている場合は、左のサイドバーから『管理』をクリックする

 

  • ②ビューから『フィルタ』をクリックする

 

  • ③『フィルタを追加』し、『フィルタ名』を入力する

名前はなんでもOK

今回は管理者除外設定なので、管理者としました

 

  • ④『フィルタの種類』を変更する

『定義済み』を選択

『フィルタの種類を選択』は『除外』を選択する

『参照元かリンク先を選択』は『IPアドレスからのトラフィック』を選択する

ここで先ほどチェックしたIPアドレスを入力します

『式を選択』は『等しい』を選択する

 

  • ⑤『保存』をクリックし、設定完了!

 

以上で、管理者除外設定は終わりです

お疲れさまでした

 

管理者除外設定をしておくメリット

 

最後に管理者除外設定をしておくことのメリットを確認しておきましょう!

 

管理者除外設定をしておかないと、自身のブログのアクセス数に

自分のアクセスが加算されてしまいます

このため実際に他人に見られている回数よりも、

はるかに多い回数が表示されてしまいます

 

管理者除外設定をしておけば、正確な訪問回数を知ることができ、

ブログの改善に役立つ情報をしっかりと集めることができます

 

正確な数字を知って、ブログの改善に役立てていきましょう!

 

また上記で示した手順はGoogle Analyticsに限ったものですが、

他のアクセス解析でも同様の機能は存在します

もし別のアクセス解析を使っている場合は、

そちらでも管理者除外設定をしておきましょう!

 

 

まとめ

IPアドレスの確認方法が分かった!

Google Analyticsで管理者除外設定ができるようになった!

アクセス解析の管理者除外設定のメリットが分かった!

 

以上、『Google Analyticsで管理者除外設定する方法』でした

閲覧ありがとうございます

 

 

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ