僕がコメント回りでコメントするときに気をつけている3つのこと

目安時間:約 5分

この記事を読むと分かること

プロフィール入力でしておくことが分かります

コメント回りをするとき何をするかが分かります

応援クリックをもらうための一工夫が分かります

 

コメントするときに気をつけていること

 

アナタは他人のブログにコメントをするときどうしていますか?

 

 

応援クリックをしたことだけ告げたりしていませんか?

 

 

それではただのスパムです

そのままではせっかくのコメント回りも効果を発揮できません

 

コメント回り自体手法も古く、今ではやっている人も少ないですが、

それなりにさまざまな効果があります

 

せっかくやるんだったら、自分も嬉しい方がいいですよね

僕は今でもなお実際にコメント回りをやっていますが、

そこそこコメントをいただくことができています

 

僕がコメントするときに意識しているのは次の3つです

 

  • 自分のブログのリンクを貼る
  • 記事をしっかり読んで感想を書く
  • 応援クリックをした旨を伝える

 

 

自分のブログのリンクを貼る

 

自分のブログにも来てもらえるように、自分のブログのリンクを表示しましょう

コメント欄にある『アナタのサイト』という項目に、

URLを入力をするだけでOKです

 

たまにURLを入力していないがゆえに、相互に連絡が取り合えないという事例を見ます

「せっかくコメント回りしているのにもったいないなぁ」と僕は思います

 

ちなみにですが、コメント回りをしている人同士でも、

コメントのやり取りがあったりするので、URLの入力はしておいて損はありませんよ

 

 

相手の記事を読んで感想を書く

 

僕はコメントをするとき、相手の記事の内容について感想を書きます

そもそも僕は、相手のブログで勉強させてもらうために、

コメント回りをしています

 

なので、読んだ記事で考えたこと、学んだことが必ずあります

 

記事の頭でも書きましたが、応援クリックをしてほしいためだけに、

コメントで『応援しました!』とか書かれてもただのスパムです

 

相手のサイトの評価を下げることにもつながるので、

コメント承認式のブログでは、そもそも承認されることが少ないです

 

せっかくやってもただ無にされることもあります

自分のためにもそれは避けましょう

 

相手の立場で考えるとよく分かることですが、

相手の記事の感想を書くのは大事なことでもあります

みな誰かの役に立ちたくて記事を書いているわけですから、

それが役に立ったかどうかだけでも書くのが筋だと僕は思っています

 

 

応援クリックをした旨を伝える

 

コメント回りをしたら、バナーもクリックしているはず

バナークリックをしないのはナシですよ?

 

バナークリックをしたら、一応コメントで知らせておきましょう

コメント回りをしたことのある場合は、見かけたことがあるかもしれません

文章の最後に『応援完了です!』や『応援クリックしました!』、

『ブログ応援していきます。』などを書き込んでおきます

 

こうしておくことで、何もない場合よりも多少効果があります

コメント返し自体は相手の良心次第なので、

必ずしてもらえるわけではありませんからね

ないよりもマシという考え方がいいです

 

 

まとめ

プロフィール入力では、自サイトのURLを入力しておく

コメントでは、相手の記事の感想を書くようにする

応援クリックした旨を伝えれば、応援してもらえる可能性があがる

 

以上、『僕がコメント回りでコメントするときに気をつけている3つのこと』でした

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. yukko より:

    こんばんは、ブログランキングから来ました。
    今回、コメント周りに気を付けてる事の記事を読み、共感するものがありました。
    私も、何件か、コメント周りしてますが、記事を読み、勉強になる事が沢山あります。
    又訪問しますね。
    応援ポチッと押しました。

    • 大地 より:

      yukkoさん、こんにちは。

      何かしら共感していただけたのであれば幸いです。

      僕は勉強する姿勢を忘れてしまったら、
      成長は止まるものだと思っています。
      コメント回りもホントに勉強になるので、
      ドンドン活用していきたいですね。

      訪問お待ちしています。
      応援ありがとうございました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ