目標が達成できるようになるための3つのポイント

目安時間:約 9分

この記事を読むと分かること

『目的』『ゴール』『目標』の言葉を区別する

目標達成には、目標を『分解』する

『なぜ?』よりも『どうすればいい?』が有用

 

目標、ゴール、目的は似て非なるもの

目標設定の話では、よく『目標』『ゴール』『目的』という言葉が出てきます

どの言葉もちゃんと使い分けているのは一部の人だけで、

多くは同じ意味もしくは曖昧に言葉を使い受け取っています

 

このため同じ話を聞いているようで、実はまったく違うことを考えていたりします

アフィリエイトでは、同じ教材を実践しているのに、成果のでる人とでない人がいます

これは目標設定の差が大きな原因です

 

そこでまずは『目標』『ゴール』『目的』という言葉の認識を変えてみましょう

 

  • 『目的』は、成し遂げようと目指す事柄
  • 『ゴール』は、目的のための最終的な目印
  • 『目標』は、目的を達成するための目印

 

 

このようなピラミッド構造になっています

目的が一番上にあって、中段がゴール、下段が目標で、この3つは1セットです

これらを1セットで考えないと、いずれ挫折してしまいます

 

『どうしたいか?』の先、『どうありたいか?』

では目標を設定するとき、どうやって目標を設定していますか?

 

  • とにかく月100万円稼ぎたい
  • 今から10 kg痩せたい
  • テストで全教科90点以上取りたい

 

たいてい目標を立てる場合、『どうしたいか』に注目して立てるはず

これらは個人で叶えたい立派な目標です

しかし、ほとんどの場合『どうしたいか』の目標は失敗してしまいます

 

この原因は気持ちが続かないから

 

始めたばかりはテンションが高く、

多少無理な予定でも乗り越えることができます

 

でも、これを続けていくと、だんだんと辛い気持ちが勝り、挫折へ

 

  • なんでこんな辛いことしなくちゃいけないんだ?
  • ここまでやる必要あるのか?
  • もっと別の方法があるんじゃないか?

 

こういった思考で脳が埋め尽くされていきます

はたから見ればあと一歩のところまで来ている、

仮に本人もそれが分かっていてもくじけてしまう

 

そこで考えたいのが、『どうありたいか』です

 

『どうしたいか』をそのままに『どうありたいか』を付け加えます

 

 

たとえば先の例であれば次のようになります

 

  • 時間や場所を他人に縛られることなく生活できる状態でありたいから、
    月収100万円を稼ぎたい
  • オシャレを楽しめる状態でありたいから、
    今から10 kg痩せたい
  • 医学部に合格して医者への明るい一歩を踏み出せる状態でありたいから、
    テストで全教科90点以上取りたい

 

このように自分の中で理想のあり方(目的)を明確にすると、

くじけそうになったとき心の支えになってくれます

 

スモールステップを用意する

『どうしたいか』に『どうありたいか』を加えれば、精神面ではもう大丈夫!

とはいえ、『掲げた目標に向かって全速前進』ではやはり達成できないのが目標です

 

この段階での目標をイメージで言えば、

目標を達成した状態は遥か遠くの山の頂上にある状態

 

漠然とそこにあるのは分かるし、

進めばいつかたどり着けるだろうけれど、あまりに遠すぎる

 

どのルートを通って向かえばいいのか分からない

つまりやれることがありすぎる状態です

 

これをさっきの例に当てはめます

ブログで月収100万円を目指すのであれば、

 

  • 複数サイトの運営
  • 売れる商材の選定
  • 集客経路の強化
  • 反応率の向上

 

というように4つ挙げられますが、その中でもさらに分かれていきます

当然一度に手をつけると挫折します

 

そこで役立つのがスモールステップを組むことです

 

 

再び月収100万円をブログで稼ぐことを考えます

 

単一サイトで稼ぐとするならば、

1本成約で1万円の商材を、月に100本売れば月収100万円

月に100本だから、日に3本売ればよい

日に3本売るなら、成約率が1%とすれば、300人に見てもらえばいい

 

300人にブログに来てもらうにはどうすればいいだろうか?

メルマガを発行する?ブログランキングに登録する?

伝手で宣伝してもらう?

というように自分が達成を想像できる段階まで落とし込んでいきます

 

もし単一サイトで月収100万円が想像できないなら、

5つのサイトでならどうでしょう

各サイトで20万円ずつです

 

それでもダメなら100サイトは?という具合です

とにかく自分で『これならできる!』というステップまで落とし込んでいきます

 

最初の目標を仮のゴールとして、そこまでの道しるべを新たに目標にしていきましょう

 

現状と比較し『どうすればいいか』を考える

『これならできる!』というステップまできたらいよいよ最後です

現状と照らし合わせて『どうすればいいか』を考えていきます

基本的には『なぜ?』よりも『どうすればいい?』です

 

『なぜ?』は思考が過去向きです

だいたい『なぜできなかったのか?』に目がいき、

できなかったことが強く印象付けられます

できなかったことは『ー』の印象が強いです

 

一方で『どうすればいい?』は思考が未来向きです

 

 

今を『0』として捉え、どうすれば『+』なるかを考えます

ほんのちょっとの違いですが、頭の回転率は大きく変わります

 

また『なぜ?』と考えても、実際のところ分からないことの方が多いです

これは知識不足が招くことであり、最初から持っているものではありません

知識はやっていくうちに身に付くことであり、やらないことには何も残りません

 

ですから『なぜ?』よりも『どうすればいい?』を考えるクセをつけると、

気持ちも明るく目標を達成することができるようになります

 

目標達成のために参考にしたい書籍

目標達成に関して解説している書籍は多くありますが、

いずれも内容の本質部分に迫っている本は少ないです

 

目標達成に関してはコーチングの分野が詳しいのでオススメ

その中でも『ザ・コーチ』という書籍が会話調の文章で読みやすいです

 

『目標』『ゴール』『目的』の言葉の違いから、『夢』『ビジョン』の違い

目標をなかなか達成できないときにある『ブレーキ』の話も解説されています

 

冴えないサラリーマンの星野に、元社長の大蔵が、

目標達成の達人へのポイントを指南する物語で、

目標達成に関する以外のストーリー性もあり面白いです

 

ザ・コーチ 最高の自分に出会える『目標の達人ノート』 [ 谷口貴彦 ]

価格:1,404円
(2019/2/5 15:13時点)
感想(11件)

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ