広告は組み合わせて使っても大丈夫なの?上手に組み合わせて報酬につなげよう!

目安時間:約 5分

 

広告の組み合わせは取り入れるべき

 

結論から言えば、広告は組み合わせることができます

むしろ取り入れるべきとも言えます

 

アフィリエイトにおいて、広告=商品であり、

ASP=仕入先と考えられます

 

実際に文具店を例に考えてみましょう

pilotの商品しか扱っていない文具店なんてないですよね

「同じ文具なんだからpilotだけでいいじゃん!」とはならないはず

 

tomboの商品もあればuniの商品もある

もちろん筆記用具に限らず、その他紙、ファイルと様々な商品があります

 

いろんな会社の商品があるってことはいろんな仕入先があるってことです

様々な取引先から、店の主観で商品を陳列しているわけです

オフラインで可能ならば、それを移植したオンラインでできないわけないですよね

 

僕たちアフィリエイターもいろんな取引先(=ASP)からいろんな商品(=広告)を

僕らの主観で選んで使っています

 

 

広告の種類を知ってうまく活用しよう

 

アフィリエイトでは、大きく分けて2種類の広告があります

テキスト型と画像型です

 

テキスト型は文章中にリンクがあるやつで、

画像型は画像にリンクがあるやつです

 

テキスト型広告

 

テキスト型は文章の流れに自然に差し込むことができるので、

リンクまでの流れがスムーズであるほどクリックしてもらいやすいです

 

またリンクの大きさを自分で調整することができます

例えば僕の問い合わせリンクを使ってみます

 

 

と1行全部をリンクにすることもできれば、

 

問い合わせはコチラ

 

のように文中3文字だけをリンクすることもできます

このように自在に大きさの調整ができるので、

スペースを選ばずに使うことができます

 

画像型広告

 

画像型広告はサイドバーや記事上部・下部で使われることが多いです

画像がある分目立つので、クリックしてもらいやすいという特徴があります

 

画像はASPが作ってくれているので、自分で作らなくてもOKです

画像の大きさによって使いやすい場所が決まっているので、

自分の裁量で調整するのがちょっと難しいです

 

また中にはローテーション広告のように動きのつくものもあります

動きがつくと珍しさもあって読者の目を引くことができます

 

 

広告のありすぎは注意

 

広告は組み合わせて使うものだといったわけですが、

使い過ぎには注意です

 

読者の立場で考えてみると分かりますが、

いたるところに広告が入っていると結構ウザいです

正直邪魔…

 

例えばアニメを見ているときのCMで考えてみましょう

1話30分で、15分に1回CMが入ります

アニメを見てる側としては、これも正直嫌ですが…

 

でもこれが5分に1回CMが入ったらどうでしょう?

「うるせーよ!」ってなりますよね

「CMが見たいわけじゃない、本編見せろ!」って

 

さすがに5分に1回はありえないですが、

ブログの広告も同じです

 

やたらといろんなところにべたべた貼られると、

さすがにちょっととなるわけです

 

仕組みを知っているから、報酬欲しさについやってしまうんですが、

気をつけましょう

 

目安は1記事に最大3つがちょうどいいくらいかと

置く位置は、見てもらいやすい記事の上部、記事を読み終わった直後、

後は記事の長さに合わせて中間あたりがいいです

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ