アフィリエイトする商品を選ぶ上で考えたい3つのこと

目安時間:約 9分

この記事の要約

身近な人に紹介できる商品を選ぼう!

ブログテーマにあった商品を選ぼう!

報酬単価が高い商品を選ぼう!

 

身近な人に紹介できるものを選ぶ

 

商品を紹介するにあたって気になってくるところで、

一体どういう商品を紹介すればいいのかという疑問があります

 

判断基準のひとつに、身近な人に紹介できるかどうかがあります

 

『親、親友、恋人といった人にその商品を紹介できるか?』を思い浮かべます

そうした人たちに自信を持って紹介できるのであれば、他人に紹介しても安全な代物です

 

たとえば何か大きな欠点があったとします

代表的なものとして値段が高いもの

値段が高いと紹介しづらいですよね

 

でもたとえ高くても、それを補っていい面があれば紹介したくなるものです

 

  • バストアップ商品であれば、

「このサプリ3万円もしたんだけど、2ヶ月飲んだら、

1カップサイズアップしたんだ~。オススメだよ!」

 

  • 学習参考書なら、

「このテキスト3冊で1万円したんだけど、内容がびっしり。

塾なんか通う必要全然ない。俺はこの本だけやって学力上げたぜ!」

 

  • 塾でもありますよね

「ここの塾高いだけあって、質問対応もしっかりしてるし、

受験情報もいっぱい教えてくれる。勉強の仕方や問題の解き方、

こういう基本もバッチリサポートしてくれるから、ホント安心。」

 

などのようにたとえ欠点があったとしても、いいものは紹介したくなるんです

まして最後の例では、『値段が高いからこそ』というプレミアがついています

 

一見欠点に見えるようなことでも、

よく考えてみると実は利点だったりすることもあります

 

逆に、「コレって詐欺じゃないか?」とか思うものであれば、

とてもじゃないですが紹介できないです

 

もしもそういったものを紹介してしまったとしたら、

買ってもらえないだけならまだしも最悪のケースでは…

 

  • アンタ、そんなの詐欺じゃない!

とクレームの嵐にあう

 

  • 騙された!訴えてやる!

と裁判沙汰になってしまう

 

ことだってあります

 

アフィリエイトはネットビジネスなので、直接人の顔を見るわけではありません

それをいいことにこの手の気遣いのできない人が多いんです

ですが、この気遣いのできない人はうまくいきません

 

ビジネスは必ず相手のいることです

その相手を思い浮かべながら

まずは一度自分で「ホントに紹介できるか?」を冷静に考えてみましょう

 

 

 テーマに合致した商品を選ぶ

 

続いての判断基準は、ブログテーマに合っているかどうか

 

たとえば、ゲーム紹介ブログを運営している場合、

ゲームの紹介がメインですから、ダウンロード広告があってしかるべき

『ダウンロードはこちらから』などの表示や、ゲームのバナー広告があるはずですね

 

でももしもこのブログに、化粧品の紹介の広告があったら、どうでしょうか?

化粧品分野は単価が良く、アフィリエイトでは人気の分野ですが、

ゲームブログには必要ないですよね

 

このようにブログテーマと合った広告でなければ、意味がありません

 

しかし、ブログテーマと完全一致している必要もありません

 

先ほどのゲームブログであれば、化粧品の広告の代わりに、周辺機器の広告を出す

 

たとえばPCオンラインゲームは、通常付属品が必要です

専用のコントローラーだったり、

グラフィック表示のためのソフトだったり

これを利用して、ゲームと関連する周辺機器を紹介することもできます

 

ゲームの紹介だけにこだわる必要はないんです

 

また台所便利ツールの紹介ブログの場合、ハンドクリームも紹介できます

台所で洗剤を使っていると、手荒れしますよね

手荒れによく効くハンドクリームなど、需要がありそうです

 

このように直接関係はなくても、関連のある商品を取り扱うこともできます

必ずしもテーマと商品は1対1の関係ではなく、

関連商品を取り扱うのも1つのテクニック

 

稼げるアフィリエイターは1つのブログテーマでも、

上手に横展開することで収益を上げています

 

大事なことはテーマと関連した商品かどうか

商品やテーマどうしの関連を見つけてみましょう!

 

 

報酬単価が高額なものを選ぶ

 

どうせ紹介するのであれば、単価が高いものを選びましょう

 

これは稼ぐための戦略です

たとえば次の2つの場合を考えてみましょう

 

  • 1つ『2,000円の商品』で、報酬単価が『2%』
  • 1つ『20,000円の商品』で、報酬単価が『40%』

 

10,000円稼ぐには、それぞれいくつ販売する必要があるでしょうか?

 

2,000円の商品の場合、報酬単価の2%は40円です

10,000円稼ぐには、250個売る必要があります

 

対して、20,000円の商品であればどうなるか…

報酬単価である40%は、8,000円です

10,000円稼ぐには、たったの2個で済みます

 

このように稼ぐことを考えるのであれば、

報酬単価が高い方が多くのお金を手に入れることができます

 

ただし、この例のように報酬単価が高い場合、商品自体の値段も高いです

このため低額商品を売るよりも多くの労力が必要です

 

とはいえいずれも商品を売るので、そこまで大きな違いはありません

ですから、どうせチャレンジするなら報酬単価が高いものを狙いましょう

 

※実際にはASPごと、案件ごとに報酬額は変わります

 

 

売れる商品の『見極め』を学べる教材

 

商売の鉄則に『売れるものを売る』というものがあります

そこで気になるのが、『売れるものって何だろう?』ですよね

 

  • 売上ランキングで1位の商品?
  • 知名度や人気がある商品?
  • 宣伝や広告で売り出されている商品?

 

などなど

これらは正解でもあるし、ある意味ではハズレでもあります

 

やはり根拠は数字で見つけるものです

 

『Unlimited Affiliate NEO』なら、

 

  • 売れている商材はどうやってみつけるのか?
  • 商材でチェックするべきポイントとは?
  • 数値が持つ意味、そこから導かれる結論は?

 

が7ページにわたり解説されています

 

本来は資産ブログを構築するための仕組みを解説している教材なので、

商品の仕入れについてはあまり書かれていません

また情報教材アフィリエイトを例に解説しているので、

物販の場合多少異なる可能性があります

 

興味があったら是非、下のバナーから販売ページを確認してみてください

 

『Unlimited Affiliate NEO』販売ページへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ