ブログタイトルはどうつければいいの?ポイントを押さえて魅力的なタイトルに!

目安時間:約 6分

この記事を読むと分かること

ブログタイトルをつけるときに意識したい3つのことが分かります

分かりやすいブログタイトルに含まれる3つの要素が分かります

 

ブログタイトルをつけるときに意識したいこと

 

ブログタイトルをつけるときに意識したいのは以下の3点です

 

  • 検索エンジン
  • タイトルの長さ
  • 誰が読むのか

 

検索エンジンにどう読まれているか?

 

まずは検索エンジン

これは俗にいうSEO(=検索エンジン最適化)のことですが、

検索エンジンでどう表示されやすいかの話

 

例えば「アフィリエイトで稼げるようになるブログ」を例に取ります

検索エンジンは左にあるキーワードを重視します

 

この例でのキーワードは

「アフィリエイト」、「稼げる」、「ブログ」の3語です

この場合「アフィリエイト」のブログとして検索エンジンには認識されます

 

一方で「稼げる!アフィリエイトブログ!」とすると、

同じ3語のキーワードでも「稼げる」が重視されるという具合です

 

なので「アフィリエイト」と検索されたとき、

後者のタイトルよりも前者のタイトルの方が表示されやすい

 

同様に「稼げる」と検索された場合、

前者よりも後者の方が表示されやすいです

 

ブログタイトルは長い方がいいのか?

 

次にブログタイトルの長さ

最近の書籍では長いタイトルが多いんですが、ブログタイトルは長いと困ります

 

それは次の2つの理由からです

 

  • Googleでは32字以内しか表示されない
  • キーワード濃度が薄まる

 

まずGoogleで検索結果に表示されるのは32字以内です

これより長くしてしまうと「…」で表示されます

 

せっかく力を入れて付けたブログタイトルが、

「…」で表示されるのは切ないですよね

なので、32字以内に設定するのがオススメ

 

ちなみになぜGoogleに限定したかと言えば、

 

  • Googleを使っている人が圧倒的に多い
  • Yahoo!の検索エンジンシステムの一部はGoogleのシステムである

 

からです

 

またGoogleで表示される文字数がYahoo!よりも少ないです

Yahoo!は36字、Googleは32字です

なのでGoogleに合わせておけば十分です

 

続いて再びキーワードの話をします

キーワードは数があるほど濃度が薄まります

 

先ほどの「アフィリエイトで稼げるようになるブログ」の場合

キーワードは「アフィリエイト」、「稼げる」、「ブログ」の3語です

この場合それぞれのキーワード濃度は、33 %ずつです

 

それならばいっそのこと「アフィリエイト」の1語にしてしまえばいいのでは?

 

確かにその通り

「アフィリエイト」の1語であれば、100 %のキーワード濃度になります

 

 

でもそうもいかないんです

 

 

そのブログタイトルは検索エンジンのためのモノなのか?

 

これが最後

検索エンジンの話ばかりしていると忘れがちですが、

 

 

そのブログタイトル「誰が」読むの?

 

 

検索エンジンですか?

違いますね、最終的に読むのは人です

ですから人が読んで分かりやすいタイトルにしたいものです

 

これが、ブログタイトルが「アフィリエイト」ではいけない理由です

人がこれ見たら、「アフィリエイトがどうした?」って感じですよね?

アフィリエイトについて書いてあることは何となくわかるけど、

アフィリエイトの何が書いてあるのか分からないですよね

 

それじゃあどういうタイトルが分かりやすいか?

 

例えばこのブログですが、

「アフィリエイトでブログを資産に!~塾講師が教える20代からの資産構築法~」

どうでしょう?

 

  • 「アフィリエイトって何だろう?」
  • 「塾講師が教えるんだからわかりやすそうだなぁ」
  • 「ブログって資産になるのか!」

 

とか思いませんか?

いずれにせよ、『教えてもらえる』という雰囲気は伝わりますよね

 

こういう感じで「誰が」「何を」「どうしてくれるのか?」の3つが入るようにすると

分かりやすいブログタイトルになります

 

まとめ

ブログタイトルは『キーワード』『長さ』

『人が読むこと』を意識する

分かりやすいブログタイトルは、

『誰が』『何を』『どうするか』を入れる

 

以上、『ブログタイトルはどうつければいいの?ポイントを押さえて魅力的なタイトルに!』でした

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ