コンテンツマーケティングをブログ運営に活かす5つのメリット

目安時間:約 12分

この記事を読むと分かること

コンテンツマーケティングは、アフィリエイトと相性のいい戦略である

コンテンツマーケティングなら『読者』も『発信者』もWin-Win

コンテンツマーケティング戦略は、SEOにも強いこと

 

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、

価値あるコンテンツを作り、拡散することを目的としたマーケティング手法です

日本では2014年頃から注目され始めました

 

特徴として、

 

  • 売り込みをしない
  • 質の高いコンテンツが出来上がる

 

ことが挙げられます

 

読者の情報収集を支援する

コンテンツマーケティングでは、売り込みをしません

顧客はセールスを嫌うからです

 

テレビ番組のCMをほとんどの人が見ないように、

誰も宣伝は見たくないし、されたくありません

メディアの情報は必要ないわけです

 

またスマホの普及によって、いつでも、どこでも欲しい情報を

手に入れられるようになりました

このため自分のタイミングで情報収集できるようになったのです

 

大量の情報は日々垂れ流されているのに、なぜ情報収集をするのでしょうか?

これは自分にピッタリ当てはまる状況を見つけることができないから

つまり本当に必要な情報は足りていないのです

だから僕たちは日々情報収集をしています

 

コンテンツマーケティングではこのギャップに注目して、コンテンツを作っていきます

つまり『企業が発信したい情報』と『消費者が望む情報』のギャップを埋めるため、

消費者の情報収集の支援をします

 

まさしくアフィリエイトを活用したブログ戦略にピッタリです

 

コンテンツとは「伝えるべき情報」

コンテンツマーケティングで作るコンテンツとは、

「伝えるべき情報」を指します

 

アフィリエイトブログ運営では、

 

  • 質の高い情報が必要です
  • 読者に価値ある情報を提供しましょう

 

というハードル高めな文言をよく見かけます

これらはどういう情報を指しているのかよく分かりません

 

これに対しコンテンツマーケティングでは、

コンテンツを「伝えるべき情報」として明確化しています

明確化することで読者に伝えるべき情報を考えていきます

 

このため読者にとって質が高く、

価値ある情報を発信できるようになっていきます

結果、ブログを訪れた読者から感謝され、

商品を購入してもらうことができるようになります

 

コンテンツマーケティング5つのメリット

 

ムダを省くことができる

メリットの1つとして、ムダを省くことができます

コンテンツマーケティングでは読者を想定して記事を書くからです

 

読者を想定することで、読者の悩みをより明確にすることができます

このため、悩みをピンポイントで解決できるような記事が書けます

 

この戦略は現在主流のアフィリエイトブログの戦略とは、まったく異なります

主流はブロガー寄りのブログ運営法で、とにかく記事を書くことが重視されます

これでは毎日の記事更新が必要になるし、何より記事ネタを切らしやすい

多くのアフィリエイターが続けられない最たるパターンです

 

しかしコンテンツマーケティング戦略を使えば、

必要な情報を必要なだけ用意すればいいので、

やみくもに記事を書くことがありません

 

このため戦略次第では、毎日ブログを更新する必要はありません

また毎日更新する必要もないので、1記事に時間をかけることもできます

その結果より濃い内容を読者へ届けることができます

 

読者のためにもなり、自分の負担も軽くなる

コンテンツマーケティングは、まさに一石二鳥のブログ戦略と言えます

 

読者に感謝される

コンテンツマーケティングを利用すると、読者に感謝されるブログが出来上がります

特定の読者を想定することで具体的な情報を提供できるからです

 

読者を想定すると、『具体的過ぎて伝わりにくい』

と感じるかもしれませんが、実は逆です

特定された方が共通項を見つけやすく

あたかも自分のことのように感じやすいのです

 

このため読者は記事の内容を自分事化しやすく

記事の内容に共感してくれます

 

また、マーケティング戦略なので最終的には売り込む必要があります

通常であれば売り込みは嫌がられます

 

しかしこの戦略では、すでに多くの情報を読者に与え、

その情報をもとに読者は自分で購入を決めた段階です

誰かにそっと背中を押してほしい状態なのです

そこに自信をもって最後の一押しをすることで、購入につなげることができます

 

このように読者の決定を後押しする形のブログを完成させることができます

このため売り込みをしても、読者に嫌がられることがないどころか、

感謝され、信頼してもらうこともできるようになります

 

従来のアフィリエイト戦略では、コピーライティングの力を悪用し、

その気にさせて買わせる戦略でした

コンテンツマーケティング戦略とはまさに『月とすっぽん』ですね

 

フランチャイズ化できる

コンテンツマーケティング戦略でブログを1つ作ったしたら、

このブログを主軸にフランチャイズ化することができます

これはターゲットを変えること、情報発信媒体を選ぶことができるからです

 

1度アクセスを集めることができれば、悩みを解決できていること、

読者は興味があることの裏付けがあります

内容を加工することで、新しい読者を呼び込むことができます

 

たとえばブログの内容をメルマガで発信する

ブログでは到達できない層への情報発信が可能になります

 

その他にも

 

  • 『pdf化』して誰でも読めるようにする
  • 『図式化』してYoutubeで解説する

 

等いろんな人の趣向に合わせて、情報発信することができます

最近の流行は自分の成功事例をまとめ、

twitterなどで『有料販売』することです

稼ぐ系の話題では多くの人が実践しています

 

見込み客の育成ができる

コンテンツマーケティング戦略では集客だけでなく、

『見込み客』を育成することもできます

『潜在顧客』をターゲットにしているからです

 

『潜在顧客』とは、商品を買うかどうかは分からないが、

とりあえず情報を欲している人を指します

これに対し『見込み客』は、商品購入に意欲的な人を指します

 

従来のマーケティング戦略では、

すでに商品を購入しようとしている『見込み客のみ』をターゲットにしています

このため『見込み客』がやってくるのをただ待っていることしかできません

 

一方でコンテンツマーケティングでは、『潜在顧客』をターゲットにし、

あらかじめ多くの情報を提供しておきます

関連情報と合わせて商品を紹介することで、自然と商品の存在を知り

購入検討をしてくれます

 

このように『潜在顧客』をターゲットにすることで、

自然と『見込み客』を作ることができます

 

また単純に『見込み客』と『潜在顧客』の数を比べてみても、

潜在顧客の方が圧倒的に多いです

見込み客というのはまさに氷山の一角の存在なのです

 

商品を知らない人に良い商品があると知らせることは、

アフィリエイトの本質でもあります

やはりアフィリエイトとも相性がいいことが分かりますね

 

SEOにも有効

コンテンツマーケティングは近年のSEOでも効果を発揮します

SEOとは検索エンジン対策のことで、

どういうブログが検索上位に表示されやすいかを考えることです

 

近年のSEO対策の主流は、読者のためのサイトを作ることです

読者のためのサイトとは、読者の悩みを解決することを主としたサイトです

日々僕たちはたくさんの悩みを抱えながら生きています

その1つ1つを検索し、答えを探そうとしています

結果、答えを与えてくれるようなサイトを作ることが、SEO対策につながります

 

繰り返しになりますが、コンテンツマーケティングでは、

読者を想定し、サイト作りを行っていきます

このため、出来上がるサイトは読者のためのサイトです

したがって、自然とSEOに有効なサイトが出来上がります

 

コンテンツマーケティングとアフィリエイトの融合

以上のようにコンテンツマーケティングは、たくさんのメリットがあり、

なおかつ本質はアフィリエイトと極めて近い特性を持ちます

このためアフィリエイトと相性のいいマーケティング手法であると言えます

アフィリエイトに活かすことができたら、鬼に金棒とも言えます

 

しかし、初心者がいきなり手法の融合をするのは、ハードルの高いことです

下手に融合すると目も当てられない結果になります

 

 

 

もしこの手法を、

 

誰かがすでに融合させてくれていたら…

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、僕がこのブログで紹介している『アンリミテッドアフィリエイトネオ』は、

コンテンツマーケティングをもとに、

アフィリエイトに最適なブログ戦略を解説した教材なんです

ただ筆者が成功した方法論を解説した教材とは違います

 

マーケティングという学術的な裏付けを持つ

理論に沿ったブログ作りができるようになります

 

教材内容の詳細は僕のレビューを参考にしてください

 

大地のアンリミレビュー

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ