アフィリエイトで言われている質の高い記事って何?

目安時間:約 7分

この記事を読むと分かること

質の高い記事に基準はない

質の高さは読者によって異なる

読者を想定して記事を書くことが、質の高い記事を書くコツ

質の低い記事は公開するな?

ブログを始めるといろいろな勉強をします

SEO、ライティング、HTMLなどなど

 

その中でもまず最初に記事を書きかたを学びますよね

文字数は5000字以上ほしいとか、

タイトルの左からキーワードを並べるだとか

 

そのときに

 

  • 質の低い記事を公開すると、SEO的に不利
  • 質の低い記事を量産するより、質の高い記事1本の方が有益
  • ブログ記事は文字数よりも質の高さ

 

なんて言葉聞いたことありませんか?

 

僕が初めてこれを見た時は脅迫のように感じました

 

今から始めたんじゃ絶対マイナスにしかならないじゃん

 

長くやっている人に経験浅い僕が太刀打ちできるわけがない

 

かなりへこみました

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

『質の高い記事』ってなんだ?

 

Googleでも答えは出ていない

質の高い記事とよく一緒に取り上げられるのが、検索エンジンのGoogle

質の高い記事ほど検索順位が上位に来るわけですが、

この検索エンジンはまだ完成していません

 

僕が学生の頃から出始めたから、

もう10年以上も前からあるシステムだけどまだ完成していない

毎年のように新しいアルゴリズムが導入され、どんどん変化しています

 

検索エンジンの目的はひとつ

使う人にとって必要な情報がすぐに出てくること

これに尽きます

 

しかしこんなシンプルなことなのに、まだ達成されていません

 

これはつまり読者にとっての質の高さに基準がないことを示しています

10年以上も取り組んでいるのにです

だからこそ検索エンジンは改良され続けているわけです

 

「質の高い記事を書け」というのをうのみにして、

かつての僕のように病んでしまう必要はありません

 

Googleや人に振り回され過ぎてはいけません

素直なのは大事なことですが、情報を見極めましょう

 

結局のところ、質の高い記事が上位に表示されますが、

どういう条件で上位に表示されているのかは公表されていません

あくまでおおよその傾向が分かるだけにとどまっています

 

質の高さを決めるのは読者

繰り返しになりますが質の高さには明確な基準がありません

 

あるとすれば『誰が質の高さを決めるのか』です

質の高さを決めるのは紛れもなく読者です

今これを読んでいるアナタが僕の記事の質を決めます

 

そうは言っても何か基準が欲しくなるのが、人間の性

 

 

 

 

僕のブログでは、読者の悩みを解決することが質の高さだと伝えてきました

これは間違いなく一つの答えだと思います

 

困っている人に適切な情報を差し出す

これが情報発信ブログの努めです

だからこそ読者の悩みを解決することが質の高さにつながります

 

他には求める情報があること

つまり読者のもっと知りたい気持ちを満たすことです

すると当然読者によって求める情報は変わってきます

 

初心者からしたら質が高くても、玄人からしたら質が低い

これはいつも言えること

 

たとえば検索上位に表示されているサイトを見比べてみましょう

一番最初に見たサイトと二番目に見たサイトで、内容はたいして違わないはず

 

それでも最初に見たサイトの方が質が高く見えるし、

二番目のサイトの方がコピペっぽく見えませんか?

 

すでに知っている情報は、誰もが、質の低い情報だと思います

 

このため質の高い記事を作ろうと思ったら、

読者を想定して記事を書くほかありません

 

言いたいことはもっと考えて記事を書けってこと

結局質の高い記事を書けというのは、

もっと考えて記事を書きなさいということではないかなと思います

 

書籍の内容のまとめとか、既にあるブログの記事のコピペだとかではなく、

 

  • 自分の意見を書く
  • 自分の頭で構成を組む
  • 自分の頭で情報の取捨選択する

 

のように自分の頭で考えられる人間になって欲しいって

メッセージなんじゃないかなぁと

 

ちなみにですが、書籍をめくってみても情報教材を読んでみても

質の高さに関しての記述はありません

結局のところ実体のない幽霊みたいなものに

振り回されているだけのように感じます

 

大事なことは

 

○○な悩みを持った人がもし僕の記事を読んでくれたら、

その人にとって少しでもためになったと思ってもらえるように全力を尽くすこと

 

です

 

ターゲットを決め、その人に届くように書く

どうせ興味のある人しか読まないのだから余計な心配はいりません

自分らしい記事を書ければそれでいいんじゃないかなぁと思います

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ