ブログ運営者が必死になってやっている常時SSL化の2つメリット

目安時間:約 5分

この記事を読むと分かること

常時SSL化をすると、どうなるのかが分かります

ブログ運営者が、常時SSL化をしたがる理由が分かります

 

そもそも常時SSL化とは?

 

SSLとは、データを暗号化して送受信する仕組みのことです

暗号化してやり取りすることで、安全にデータの送受信ができます

このため本来はデータの送受信に関わるページのみに、

暗号化をかけておけば良かったのです

 

ですがこれを、「データの送受信に関わるページ以外でも実装しよう」、

というのが常時SSL化です

ちなみに常時SSL化をすると、サイトのURLが

「http」から「httpsになります

 

これを受けて常時SSL化を「HTTPS化」という人もいます

 

参考にしたサイト

 

 

なぜブログ運営者がSSL化をするのか?

 

データの送受信とは言ってしまえば、個人情報のことです

このためネット上で個人情報やクレジットカード決済をするときの

安全確保が目的です

これらの機能が必要な、企業のサイトは基本的にSSL化をしています

 

 

ではこれらの機能を持たないブログ運営者は、

なぜSSL化をする必要があるのでしょうか?

 

 

その理由は2つあります

 

 

SEO効果がある

 

1つはSEO効果があるからです

Googleが正式に公表しています

 

 

上の記事ではHTTPSページの方が、HTTPページよりも登録されやすくすると解説されています

下の記事ではHTTPSページにすることをGoogleが勧めている記述があります

 

ただし、いずれの場合もやったからといって目に見えて分かるほど、

順位が変動することはないと考えられます

あくまでランキング決定要素の1つという位置づけです

同じ内容のブログがあったら、HTTPSの方を優遇するよって程度ですね

 

 

読者の安心感が得られる

 

もう1つは読者の安心感が得られるからです

 

 

僕がSSL化作業中にとったものですが、

今後SSL化していないブログでは、このような警告が表示されます

 

何も知らない読者がコレを見たら、絶対に離脱します

 

現在僕のブログはSSL作業が完了しているので、こういった表示は出ません

安心安全なデータ送受信ができますよ

 

またGoogleは検索エンジン使用者の使いやすさをとにかく考えています

その点で、読者が安心して使えるサイトであることを条件にしています

このような精神的な側面でも、ある種のSEOとなっていることが分かります

Googleよく考えてますね

 

 

またこちらの記事で書かれていますが、

2018年7月からChrome68がリリースされます

この機能として、すべてのHTTPページに「保護されていません」の通知がでます

まだ実装してないよって場合は、時間を見て実装してみましょう

2時間ほどでできますよ

 

 

まとめ

常時SSL化すると、HTTPS表示が出る

常時SSL化は、『SEO効果』『読者の安心感』

といったメリットが得られる

 

以上、『ブログ運営者が必死になってやっている常時SSL化の2つメリット』でした

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. KIKI より:

    大地さん、こんにちわ。
    『https』って常時SSL化のことだったんですね!
    勉強になりました。

    確かに『プライバシーが保護されません』って出ると不安になるから、
    常時SSL化しておいた方がいいですね。

    また、訪問させて頂きます。
    応援完了です。

    • 大地 より:

      KIKIさん、こんにちは。

      以前から『http』と『https』の違いは知っていたんですが、
      なかなか移行する気にならなくて(笑)
      でも実際にやってみたら2時間でできたので、楽勝でした
      これも僕が使っている教材のおかげです

      訪問お待ちしています
      応援ありがとうございました

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
資産型ブログ構築の参考書


⇒販売ページはコチラ
⇒レビューはコチラ

プロフィール


Webビジネス研究家 大地

安定的なブログの収益化を目指し、
情報教材アフィリエイトを始めた
アラサー男子

人生を『楽しむ』ため、
『Webビジネス』で、
『資産作り』を研究中

詳しいプロフィールはコチラ

最近のコメント
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ