内容がスッと伝わる分かりやすい文章を書く2つのコツ

目安時間:約 8分

人に読んでもらうために、分かりやすい文章を書きたい!

でも分かりやすい文章ってどうやって書けばいいんだろう?

 

人に情報を伝えるとき、分かりやすいに越したことはありませんよね

僕も分かりやすい文章を書くにはどうすればいいか考えた時期がありました

 

そしてある時気がついたんです

 

 

…分かりやすい文章って何だ?

 

 

分かりやすい文章を書きたいのに、分かりやすい文章が分からない

分からないものを形にすることはできませんね

 

ここではそんな分かりやすい文章の正体を暴き、

内容がスッと伝わるような文章を書くコツを紹介します

分かりやすい文章とは、具体的に書くこと?

今でこそ僕はブログもやっていて、

コメントでも文章が分かりやすいと評判をいただいていますが、

元々文章を書くのは苦手でした

 

自分の考えていることをうまく表現できないって言えばいいのかな?

単語では考えているけど、うまく文章にならないんですよね

それでもやみくもながら、

ブログを更新しているうちにまともな文章にはなってきました

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる的な感じですね

 

で、

 

分かりやすい文章とは?

 

ですが、僕も昔調べたことがあります

分からないことを調べるの勉強の鉄則ですね

 

すると出てくるのは、

『具体的であること』『伝えたいことを明確にする』こと出てくるばかり

 

『伝えたいことを明確にすること』はまだ理解できるとしても、

『具体的であること』って…?

 

察しがいい人だと分かるものなんでしょうが、

残念ながら僕にはまったくわかりませんでした

僕は『具体的』って言葉が苦手なんですよ

 

 

『具体的』って何ですか???????

 

具体的に書くとは、想像できるように書くこと

 

「具体的って何だろう?」

 

数字を使うこと、小学生でもわかるように書くこと…

いろいろな答えがありましたが、どれもピンとくるものはありませんでした

 

数字は見せ方でいくらでも印象を変えることができます

たとえば1から10への変化も、

『9増えた』と言うか『10倍になった』と言うかで大きく違いますよね

一応これでも研究者の卵だったので、その辺は詳しいです

 

また小学生にも分かるように書くとは言ったって、

小学生と普段会話しなければどの程度言葉を知っているかだって分からないでしょう

 

小学生なんてホント言葉知らないですよ

大人の会話は通じません

今の世の中だいたい「ヤバい」で通じますから、かなりボキャブラリーに乏しい

 

ってことで、調べても分からないことはきっと見つからない

これがインターネットの面白いところで、核心にはたどりつけないんですよね

 

だから考えることにしました

そして、ついにピンとくるものが!

 

 

 

 

 

 

具体的=想像できること

 

ようやくストンと理解できた瞬間でした

 

分かりやすい⇒具体的⇒想像ができる

 

分かりやすさっていうのは、自分と他者との間の共通認識があるかどうか

つまり共感できるかどうかです

 

試しにアナタが分かりやすいなぁと思う文章を見つけてみましょう

必ずアナタが想像のできる文章のはずです

小説、ブログ、論文…なんでも構いません

 

たとえば有名な川端康成の『雪国』の書き出し

『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。』

もうアリアリと光景が浮かびますよね

 

きっと一面真っ白で、雪が月明かりを反射して明るいんでしょうね

なんとも幻想的です

 

想像させるためにできる2つのテクニック

では想像させるためにどうすればいいのかというと、

『例示』と『比喩』を使います

 

例示というのは、読んで字のごとく例を示すこと

たとえば次のような文章です

 

『物事は、一個ずつ積み上げていくよりも、まず全体像を把握することが大事です

 

たとえば肉じゃがを作ることを考えてみてください

ジャガイモの皮むき、玉ねぎの切り方、味付けの方法

 

これらのことを一つずつマスターして、

「よしこれで肉じゃがを作れるようになったぞ!作ろうか」

ってなりますか?

これじゃあ肉じゃがいつできるんだよって話です

 

そんなことありませんよね

まずレシピをみて、必要な過程、調味料・食材を知ってから、

必要に応じて組み合わせて、肉じゃがを作りますよね

 

ジャガイモの皮むき方法や美味しい味付けの手順なんかは

何度も作るうちに少しずつ底上げしていくはずです

 

全体像が出来上がってから細部にこだわっていきます

この方が圧倒的に効率的ですよね

 

だから一個ずつ積み上げていくよりも全体像を把握することが重要なんです』

 

のようにひとつの話を別の話で置き換えます

 

比喩は

『アナタの笑顔はまるで太陽だ』

のようにモノに例える手法のことです

 

僕は、資産ブログはジグソーパズルだと考えています

誰もが最初はまっさらな状態だけど、完成予想図があって、

少しずつ足りないピースをうめていく感じ

 

人によってピースのまとまりがバラバラだけど、

必要なものはみんな一緒です

 

でも大抵の人は完成予想図を持っていません

これから資産ブログを作る人はこの完成予想図を持った状態で始めたいですね

僕はこの完成予想図がアンリミだと感じています

 

分かりやすい文章にはコツがある

いかがでしたか?

分かりやすい文章にはちゃんとコツがあるんです

 

文章がうまい人、分かりやすい人は総じて、例示、比喩が上手

ホントに絶妙ですよ

ある種の才能なんじゃないかってくらい

うらやましいですね

 

文章もただ書くだけでは面白くありません

是非アナタも絶妙な例示や比喩を見つけてみましょう

今よりも文章を考えるのが楽しくなりますよ

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ