初めてブログで文章を書くときに注意しておきたい3つのこと

目安時間:約 9分

「今までブログをやったことがないから、どんな風に書けばいいのか分からない」

「400文字書くことさえできないかも」

「どうすれば人に読んでもらえるような文章が書けるの?」

 

僕も初めてブログで文章を書いたとき、ほとんど書けなくて困りました

こんなことなら日記の宿題をしっかりやっておけばよかったと後悔したほどです

 

どれぐらい書けなかったかと言えば、400字さえ一苦労でした

それが今では2000文字以上の記事をサラサラと作成しています

人って成長するものですね

 

そんな僕がなぜ書けるようになったのか

 

文章を書くには実はちょっとしたコツがあるんです

このコツを押さえれば400字なんて簡単に書けて、

なおかつ読んでもらえる文章になりますよ

文章とは?

そもそもの話になりますが、文章ってなんですか?

 

 

 

 

 

 

おいおいバカにしてんのか?

 

と思われそうなものですが、意外と重要でそこに答えが隠されてるんですね

 

文章とは、『誰か』に『何か』を伝えるためのもの

つまり文章に必要なのは『人』と『内容』

 

この2つをきっちりそろえることが、

人に読んでもらうための文章を書く最大のコツです

 

結果、次の3つのことを意識すれば、だれでも伝わる文章を書くことができます

  • 何を書くのか=内容を決める
  • 誰に伝えるか=読者像を決める
  • どうやって伝えるか

 

内容を決めよう

1記事1テーマの原則

まずは書く内容を決めていきます

ブログを始めたばかりなら、内容はなんでも構いません

自己紹介でもいいし、自分の好きなことでもOK

 

このとき押さえておきたいのが、書く内容は1つに絞ること

ためになるような小話程度なら多少の脱線は問題ありません

 

文章を書くことは話すことに似ていて、

書き始めるとついついあれこれ書きたくなってしまいます

 

しかし、資産ブログを作りたいなら、あれこれ書くのはやめておきましょう

ブログを読む読者からすれば、関係のない話に興味はありません

このためすぐに離脱してしまう原因になります

 

文章を書くことに慣れる

書く内容が決まったら、あとは文章を書いていきます

まずは文章を書くことに慣れましょう

 

文章に慣れるコツは、まず頭に浮かんだワードをとにかく書き出していくこと

流れも何も一切気にする必要はありません

浮かんだワードを取りこぼさないうちにとにかく書き出しましょう

 

もしもタイピングが追い付かないようであれば、

ノートに書いていったってかまいません

ここで重要なことは、一度頭の外に情報を出すことです

 

単語やフレーズに肉付けをする

ワードを一通り書き終えたら、あとは話の流れを考えながら単語を入れ替えたり、

必要に応じて文章にしていきます

 

読者像を決める

文章を書くことに慣れてきたら、次は読者像を決めます

読者像を決めると、『どんなことに悩んでいるのか』、

『何を知りたがっているのか』を見つけることができます

 

たとえば、

『これからダイエットを始めようと思っているけど、何から始めていいか分からない人』

を読者像にしてみましょう

 

ダイエットもいろいろ種類がありますよね

  • 断食
  • ランニング
  • 酵素

 

僕だったら今すぐ始められる食生活の改善と運動習慣の確立を記事にします

このように、読者像を決定すると記事の内容も、自然と決まってきます

 

どうやって伝えるか?

文章は書いて終わり!ではなく、きちんと伝わらなければ切ないですよね

内容をきちんと伝えるためにできることは2つあります

 

簡単な言葉で説明する

1つは簡単な言葉で説明することです

中学生でもわかる言葉を使うのがベスト

 

目安としては

    • 日常会話で使う言葉を使う
    • 常用漢字の言葉を使う
    • 横文字は避ける

を心がけておきます

 

たとえば、「直ちに~しましょう」や「予め~しておく」など

日常会話であまり使わない表現は避けます

代わりに「すぐに~しましょう」や「前もって~しておく」のようにします

 

「何故」や「鬱」、「漸く」など普段使わない漢字も避けましょう

文章として『品』が重んじられる場合は構いません

小説のような文章を書くのでなければ、

「なぜ」、「うつ」、「ようやく」とひらがなで書いておくのが安心です

 

最後に横文字ですが、「結果にコミットする」、「ディスカッションする」、

「ディスクリプションを書く」などです

 

英語が得意な人ならまだしも、ほとんどの日本人は英語が嫌いです

横文字があると「なんとなくカッコいい」ですが、そういう用途以外では逆効果です

 

素直に「結果を約束します」、「議論しましょう」、

「要約を書く」といった方が親切です

 

いずれも記事を書く側からすると、『これくらい知っている』、

『なんとなくわかるんじゃない?』と思います

でもこれは書いているからこそ知っているのであって、読者は知らないことです

 

「こんな説明までしたら、バカにしていると受け取られるかも…」と思っても、

説明してしまって大丈夫

 

大人になるとなかなか質問しづらいです

「こんなこと聞いて大丈夫かな?」なんてことはザラにあります

だからこそ簡単な内容でもちゃんと説明してもらえると嬉しいものです

 

写真や動画も活用していく

2つめは写真や動画を活用していくことです

メルマガではいかに文章をスッキリさせて見せるかを考えますが、

ブログはメルマガとは違って、画像や写真を載せることができます

単純に、視覚的に、キレイに魅せることができます

 

また百聞は一見に如かずという言葉があるように、

どんなに文章を書いても写真1枚に敵わないことだってあります

むしろ写真の方が多くの情報を伝えることができたりする場合もあります

 

写真を利用するときの注意は、著作権に気をつけることです

著作権フリーの画像サイトは数多くあるので、

そういったサイトから画像を使えば問題なくすみます

 

どうしても他の画像を使いたい場合は、

そのサイトの管理人に直接問い合わせれば使うこともできるかもしれないので、

無断で使わないようにだけ気をつけましょう

 

まとめ

いかがでしたか?

ブログを始めたばかりは右も左も分からないものです

そんな中いきなり人の役に立つような文章を書こうとしても、

なかなかうまくいかないものです

 

まずは文章を書くことに慣れてください

ノウハウやテクニックは後から勝手についてきます

必要最低限を押さえることが最速で成果を出すコツでもあります

 

無理せずできることから始めていきましょう

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ