真似するだけ!読まれるブログになるための導入文テンプレート紹介

目安時間:約 10分

ここではブログ記事の導入文の書き方をお伝えします

 

「導入文なんて気にしたことなかった」

「他の運営者は挨拶しているから、真似している」

「今日あった小話を書いている」

 

など、正直導入文の書き方に困りますよね

 

最初に読まれる導入文、実はとっても大事なんです

 

ここがいい加減だと精読率も下がるし、直帰率が上がる原因にもなります

今のままでは読んでもらえないブログ記事を量産し続けることになるかもしれません

 

だからこそここで導入文の書き方をマスターしておきましょう

この書き方を真似するだけで、悩むことなくスラスラ導入文が書けるようになりますよ

 

PASONAの法則

導入文テンプレートを紹介する前に、

もとになっているPASONAの法則を説明します

 

PASONAの法則とは…

 

Problem(問題提起)

Agitation(扇動)

SOlution(解決策)

Nallow down(絞り込み)

Action(行動)

 

の頭文字を取った法則で、主にセールスレターに使われるテクニック

売上を上げるために使われる

 

有名なコンサルタントの神田昌典氏のコピーライティングテクニックで、

あらゆる業界のマーケティングに効果的と言われています

 

これを使った文章で例を挙げると、

 

問題提起
これから投資を始めようと思っているけど、
『何から始めていいか分からない』と悩んでいませんか?

 

扇動
投資はしっかりした知識がないとすぐに借金を作ってしまい、
それどころか持っている財産さえ失ってしまいます!

 

解決策
『株式投資安心マニュアル』なら
投資を始めるにあたっての必要な知識、
準備するべきものの準備方法など、書いてあることを実践するだけで、
手軽に株式投資を始めることができます

 

絞り込み
4月31日までの限定キャンペーンで、先着30名のみ、
実際に僕が5年間の投資経験から導き出した長期投資に向いている銘柄と
投資で失敗しないための7つのマインドをまとめた有料レポートを無料特典にします
期限日以降は通常価格1,980円になるので、お急ぎください

 

行動
申込みはコチラからお願いします

 

のように、1度は見たことのある文章になります

 

 

 

 

 

ちなみに架空の商品でしたが、気になりましたか?

気になったなら大成功

 

じゃあこれを記事の導入部分に使ったらどうなるでしょう

 

スラスラ書ける導入文テンプレート

PASONAの法則にそのまま当てはめてもいいのですが、

少しアレンジしましょう

 

とくにブログ記事では、解決策とともにベネフィットを書くと、

一味違った記事が書けます

ベネフィットは本当に考えている人にしか書けない部分なので、

ここを考えるだけで簡単に他のブログと差別化することができます

 

では実際に今回の導入文を振り返ってみます

ここでは

 

  • 主題・自分事化・問題提起
  • 扇動・共感
  • 解決策・ベネフィットの提示

 

の3段階に分けて考えます

主題・自分事化・問題提起
ここではブログ記事の導入文の書き方をお伝えします(主題)
「導入文なんて気にしたことなかった」
「他の運営者は挨拶しているから、真似している」「今日あった小話を書いている」(自分事化)

など、正直導入文の書き方に困っていませんか?(問題提起)

 

扇動・共感
最初に読まれる導入文、実はとっても大事なんです
ここがいい加減だと精読率も下がるし、直帰率が上がる原因にもなります
今のままでは読んでもらえないブログ記事を量産し続けることになるかもしれません(扇動)

 

解決策・ベネフィットの提示

実は導入文にはテンプレートがあるんです(解決策)

このテンプレートを知っていれば、悩むことなくスラスラ導入文が書けるようになりますよ(ベネフィット)

 

以上がこの記事の導入文です

 

1. 主題・自分事化・問題提起

まず一番最初に、記事に『何が書かれているのか?』をハッキリさせます

最初に内容をハッキリさせることで、読者に情報収集の準備をしてもらいます

また何についての情報かハッキリすることで、分かりやすい文章にもなります

 

内容をハッキリさせたら、内容の問題点を挙げていきます

ここで問題点を挙げるときは、できるだけ具体的に問題点を挙げましょう

 

今回の場合は、

「導入文なんて気にしたことなかった」
「他の運営者は挨拶しているから、真似している」

「今日あった小話を書いている」

の部分です

 

このように導入文を意識していなかった人の気持ちを代弁することで、

「読者は自分のことだ!」と興味を惹かれ、その結果精読率が上がります

 

ちなみに問題がなくとも記事は書けるので、その場合は主題だけで構いません

とはいえ問題となる悩みが見つけられるようであれば、

見つけておくとより読者に効果的な記事が書けます

 

2. 扇動・共感

続いては、感情に寄り添うような内容を書きます

人間は感情の生き物なので、論理よりも感情で動きます

このため扇動の場合は恐怖、共感の場合は安堵を刺激できればOKです

 

つまり扇動では、最悪の事態を突きつけるように、現状より悪いことを、

共感では、現状でも問題はない・普通である等の不安を取り除く内容を書きます

 

感情にはたらきかけることでより読者の注意を引くことができます

 

3. 解決策・ベネフィットの提示

最後に、悩みの解決方法や記事内容を実践した結果の明るい効能を書きます

解決する方法を教えることで、記事を読む意味を与えます

この部分が弱いと総じて、精読率は低くなります

 

解決策は、具体的な手段や方法・ノウハウなど特定の行動を書き、

ベネフィットは、理想的な状態を書きます

こうすることで両者にハッキリした違いが感じられ、厚みのある導入文になります

 

その他の導入文テクニック

PASONAの法則を利用する以外にも巷ではいろいろな手法があるので、

その一部を紹介しておきます

 

  • ストーリー形式にして書く
  • 衝撃的な内容を書く
  • 要点を書く

 

これらは、実のところPASONAの法則にすべて当てはまっています

 

たとえばストーリー形式にして書く場合、

ストーリーの展開は必ず問題発生⇒苦難⇒解決です

 

これはまさしくPASOですよね

詳細は以下の記事を参考にしてください

 

 

まとめ

導入文に必要なのは『PASONAの法則』と『ベネフィットの提示』です

この2つを組み合わせると精読率はグッと上がります

しかもテンプレートに当てはめるだけ

 

このようにブログライティングには様々なテクニックが存在します

僕はこれらのテクニックをすべて『アンリミ』で学びました

 

テクニックがあれば、他のブログ運営者と大きな差をつけられます

僕のブログでは他にもライティングについて扱っているので、

ぜひ参考にしてください

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ