意外と知らない記事導入部分の上手な書き方3パターン公開!

目安時間:約 5分

この記事を読むと分かること

記事導入部分がなぜ必要なのか

スリップインを上手に書くために使いたい3つのテクニック

 

記事導入部分の役割とは?

 

アナタは記事の導入部分どうしてますか?

 

  • 書くのが苦手だから書いていない
  • いつもお決まりの挨拶(世間話)をしている

 

実を言うとだいたい読まれていないのが冒頭部分

でもここに少しだけ手を入れると読者はスムーズに内容に入れます

 

記事の導入部分を『スリップイン』と呼びます

これは和訳すると、『すべりこむ』であり、

記事の内容へスムーズに誘導することが役割です

 

ではどうすれば記事の内容へスムーズに入っていけるのか?

その前になぜ読者は冒頭を読まないのか?

読まない理由は内容がないから

 

読者は日ごろから自分に関係のないことは無視するようになっています

たとえばスマホアプリをやっているときに表示される広告

すぐに×ボタンを押します

 

これは記事の冒頭でも同じです

つまり内容を持たせれば読者はきちんと読んでくれます

 

内容を持たせるためにできるのが次の3つのテクニックです

  • ストーリー形式で書く
  • 衝撃的なことを書く
  • 要点を書く

 

冒頭をストーリー形式にする

 

まずは導入部分をストーリー形式で書いてみることです

小説であれば最初の数行を読めば、以降の何ページも読んでしまうように、

物語であれば人は多少長くても読めてしまう傾向があります

 

このため記事の頭をストーリー形式にすることで、

読者が記事の内容にスムーズに入っていくことができるのです

 

このとき上手にストーリーを組み立てるためには、

次の3つを意識するといいです

 

  • 読者が置かれている状況
  • それによって起こっている問題
  • 湧き出てくるさらなる疑問 or 解決策

 

これらを意識すると上手なスリップインになりやすいです

 

 

衝撃的な内容を書く

 

続いては衝撃的な内容を書くことです

衝撃的な内容であればあるほど、そのギャップに驚いて食いついてきてくれます

 

たとえば

  • 1ヶ月で100万PVを突破した方法を教えます!
  • トレンドアフィリエイトはもう稼げない!
  • 3ヶ月で100万円稼げました!

などです

 

アフィリエイトをやっている人であれば誰もが食いつきたくなる内容です

「え、ウソでしょ!?」と一度そう思って1行読んでもらえれば、

2行目3行目と続きを読んでくれます

 

しかし、この手法は欠点があります

 

  • 毎回やると読者があきてしまう
  • 圧倒的な実績が必要

 

といった欠点から中々上手には使いこなせないです

 

要点を書く

 

最後に紹介するのは僕が一番気に入っているパターンです

記事の導入部分に結論(=要点)を書いてしまいます

 

記事の書き方でも説明していますが、

Webの文章はPREP法を使って書くと精読率が高い傾向にあります

つまり最初にポイントとなる結論を持ってきます

 

しかし、ここでポイントをすべて書いたら記事を読んでもらえないので、

要点だけを触れます

要点を触れておけば読者は何を基準に読めばいいのかが分かるので、

スムーズに記事を読めます

 

また最初に要点を置くことで、

読者の希望と記事内容とのミスマッチを防ぐことができます

 

まとめ

 

記事の導入部分は、記事にスムーズに入っていくために書く

スリップインは、ストーリー形式や衝撃的な内容だと効果的

分かりやすさを追求するなら、内容のまとめを書くのもアリ

 

以上、意外と知らない記事導入部分の上手な書き方3パターン公開!でした

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
資産型ブログ構築の参考書


⇒販売ページはコチラ
⇒レビューはコチラ

プロフィール


Webビジネス研究家 大地

安定的なブログの収益化を目指し、
情報教材アフィリエイトを始めた
アラサー男子

人生を『楽しむ』ため、
『Webビジネス』で、
『資産作り』を研究中

詳しいプロフィールはコチラ

最近のコメント
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ