今日から使いたい文末表現

目安時間:約 3分

この記事を読むと分かること

文章が少しだけ明るくなる文末表現が分かります

~した方がいい

 

僕が最近気づいた使いたい文末表現に『~した方がいい』があります

 

今まで僕はずーっと『~する必要がある』、『~しなければいけない』

などの表現を使ってきました

 

 

が、どうにも息苦しい!

 

 

なんかすごい圧迫感があるんですよね

 

で、この代わりになる文末表現は何かないかと考えたところ、

『~した方がいい』を見つけました

 

エネルギーレベルで比較

 

この2つを比べてみましょう

まずエネルギーレベルで比べます

エネルギーレベルは『+』『0』『ー』で考えます

 

『~する必要がある』の場合、

していない状態は『ー』、

した状態が『0』です

 

この場合、『~して』初めてスタート地点に立てます

かなり追い詰められた考え方ですよね

 

『~した方がいい』の場合、

してない状態は『0』、

した状態が『+』です

 

同じ表現でも、この場合してない状態は『0』です

『ー』じゃないんです、やれば必ず『+』なります

素敵な表現ですよね

 

イメージで比べる

 

次はイメージで比べてみましょう

『~する必要がある』は僕の中では、

目の前に高い壁があるイメージです

 

 

「あ~、あんなところに目標がある…」

「一体どうすればいいんだろうなぁ…」

という気分です

 

なんか考えるだけで気持ちが沈んでいくような表現です

 

でも『~したほうがいい』は、

目の前が開けているイメージです

 

 

「あ、そうすればいいのか!」

「もっとこういうこともしてみたい!」

という気分です

 

アレもコレもと次々新しいことが思いつき、

とても明るい気分になれます

 

このように文末表現ひとつとっても、

文章のイメージは大きく変わるものなんだと実感しました

 

まとめ

 

『~しなきゃいけない』よりも『~した方がいい』を使うと明るくなる

 

以上、『今日から使いたい文末表現』でした

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
資産型ブログ構築の参考書


⇒販売ページはコチラ
⇒レビューはコチラ

プロフィール


Webビジネス研究家 大地

安定的なブログの収益化を目指し、
情報教材アフィリエイトを始めた
アラサー男子

人生を『楽しむ』ため、
『Webビジネス』で、
『資産作り』を研究中

詳しいプロフィールはコチラ

最近のコメント
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ